空押し

ko1.jpg 

凹みの陰影で表現する特殊加工

空押しは、紙などの素材に圧力をかけ、素材を凹ませる加工技術のことです。

上製本の表紙などによく使われています。加工には箔押し機を使用します。

 

版について

使用する金属版には箔押し同様、 真鍮や銅板に刻印した彫刻版と、

銅や亜鉛を腐食させた凸版があります。

 

◎空押しのしくみ

↓金属版を加圧・加熱↓

ko2.jpg
↑紙

効果的な紙選びのポイント

空押しで特に注意したいのが紙選び。薄い紙や厚くてもコシのないものでは、

凹部分が元に戻ってしまうため、空押しを効果的に表現することが難しくなります。

また硬すぎたり厚みのある紙では割れが起きやすくなります。

上手に空押しをするための紙選びのポイントは、空押しに向いた

パルプ繊維の長い紙を選ぶことです。

 ko4.jpg

ko3.jpg

↑空押しに向いた紙だと、仕上がりもきれいです。