こんなお仕事をしています!

さて今回は、現在行っているお仕事を少しだけ紹介したいと思います。

2.jpg

お茶缶のデザイン

細かい模様がとても綺麗です!

2-1.jpg

アップするとこんな感じに!

 

2-3-2.jpg

 

こちらはブックカバーです。

思わず「箔押しって万能なんだな〜」と思った瞬間です(笑)

2-6-1.jpg

最後は木枠です。

シックな色合いの木枠にピカピカの金箔で押すと更にゴージャスに見えますね!

 

色々なものに箔押しが出来るんですね〜。

まずは第一弾、ご紹介しました!

これから順次アップしていきます。

セール情報

前回の更新からだいぶ間が空いてしまいました。

新年の挨拶にはもう遅いですが、今年初ブログです。

そして初ブログでいきなりですが、セール情報をお伝えします。


現在、在庫限定で特殊な色の箔が通常よりも安くお使い頂けます。

どの色も通常、弊社ではラインナップしていないものです。

セール用箔2.jpg

左から、

サワーゴールド

シャンパンシルバー

PINK100

フレッシュウォーター

 

名前からして普通のとは違います。

サワーゴールドは光沢がありますが、他の3種はパステル調の艶消しメタリックカラー。

普段使わない色味なので、色からどんな柄が合うのか考えるのも面白そうです。

PINK100はこれからの季節にぴったりではないでしょうか。

 

そしてもう1種類。

透明ホログラム箔2.jpg

透明ホログラムホイルです。

印刷の上に箔押しすることで、見る角度によって色味が変わるホログラム調を付加することが出来ます。

前回の記事で使っているホログラム箔の透明タイプです。

透明ホログラム印刷部比較2.jpg

質感と色の変化でのさりげない主張が上品です。

 

もちろん柄がなくても効果はあります。

白場に押してもいいですが例えば黒場に押すと、

透明ホログラム黒比較2.jpg

ここまで変化があります。

写真では面で押しているだけですが、これで絵柄を押すのもかなり魅力的です。

 

 

それぞれの箔は現在在庫しているもののみになりますので、箔押しする素材、サイズ、枚数等の条件によっては対応出来ない場合があります。

詳しくはお問い合わせください。

また、希望する方にはサンプルをお送り致します。

そちらも合わせてお問い合わせください。

 

2015/02/12

案内状の箔押し。

箔押印刷で作ったDM、案内状のお仕事です。

 

左側はA5サイズ(148×210mm)の両面に箔押し、ほぼ全面です。

少し厚めのクッション紙につやのある黒で箔押ししています。

紙に厚みがあるので凹み感が強調されておもしろいです。

色面の大きなところからかなり細かい文字までデザインされていますので、

注意深く作業を進めて行かないといけません。

02-2.jpg

右側はハガキサイズ(100×148mm)の両面押しです。

05-2.jpg

右側のハガキはホログラム箔(銀ベース・無地)で押していますので

光の当たり方によって色が変わり、とても目を引きます。

写真ではわかりにくいのですが、こんな感じです。

04-2.jpg06-2.jpg

 2014/6/8

箔の紹介 その1

箔押しといえばやはり金箔をイメージするかと思いますが、金、銀、銅、他の色のメタリック箔、金属光沢のない顔料箔等、様々な箔が存在します。

でもとりあえず今回は最初なので金箔を紹介したいと思います。

 

DSC_0011s.JPG

    3          5           6          7          8        10        36

 

番号が振ってありますが、その数字を入れて「〇号金」と呼びます。

一番よく使うのは3号金で、業界内でもこれがスタンダードになっているようですね。

同じ色でもベタ面が付きやすい軟らかい箔、細かい所が出やすい硬い箔、プラスチック用の箔等、押す素材や柄の細かさによって使い分けますが、そういった種類も3号金は多く用意してあります。

 

どうしても反射してしまうので実際見るのと写真では雰囲気が違うと思いますが、色々と細かい色の差があるんだなーということだけでも知ってもらえたらいいかな、と。

8号金なんかはこの写真だと銀にも見えますが、少し緑がかったような色で個人的にはなかなか良い色だと思います、使う機会はあまりありませんが。

 

ということでここでもう一枚。

DSC_0008s.JPG

    3          5          6         7        8        10      36

ちょっと暗くなってしまったので使うつもりではなかったのですが、こっちの方がむしろ色味はわかりやすいかもしれません。

8号金の緑がかった感じがこちらではわかると思います。

 

今回は工場にあるものをいくつか集めてみましたが、これは一部でしかありません。

他の色味の金や、更には艶消しの金や泥金という顔料の金箔もあります。

箔押しといえば金と想像するとおり、これだけ種類があるのは金ぐらいです。

これだけあれば違う色味の金を組み合わせて柄をつくってみるのも面白いかもしれません。

仕事の依頼の際には是非色々と見比べてみてください。

 

2014/04/23

BOX & YOU

image/hakuoshiya-2012-07-07T09:34:04-1.dataimage/hakuoshiya-2012-07-07T09:34:05-2.dataimage/hakuoshiya-2012-07-07T09:34:05-3.data

BOX & YOU
箱をたのしむ本

京都の老舗紙器メーカーによる箱の専門店、
BOX & NEEDLEさん、 東京の二子玉川にお店があります。
去年に一度、訪れたことがあります。
とても素敵なお店で、紙箱の新しい使い方、楽しみ方を
教えてもらえるお店です。
店内で販売されている箱はイタリア、フランス、ドイツ、
など、世界中の紙が使われていてどの箱も個性的な柄に
なっています。

そのBOX & NEEDLEさんが先日、本を出されました。
それが BOX & YOU 箱をたのしむ本
世界でもめずらしい箱の専門店が出した箱の本、とても
楽しく、刺激的な本でした。

是非、一度、読んで下さい、オススメです。

fantoni & DRUPA

image/hakuoshiya-2012-06-30T10:53:45-1.dataimage/hakuoshiya-2012-06-30T10:53:45-2.dataimage/hakuoshiya-2012-06-30T10:53:45-3.dataimage/hakuoshiya-2012-06-30T10:53:46-4.data

久しぶりにミィーティングルームを模様替えいたしました。
MADE IN ITALY fantoniのテーブルです。
白木でとても明るくなりました。

そして、貼ってあるポスターですがとても綺麗な女性なので
貼ってある訳ではありません。
これは先日、ドイツで開催されたDRUPA 2012国際総合機械展
で作成されたポスターです。
写真では分かりにくですが宝石部分が全て肉付け箔押となって
います。
箔は金、銀、金ホロ、赤ホロ、オレンジホロ、クリアー箔の6色
です。(考えただけでも気が遠くなります)
おまけにそれが全て肉付け版となっています。
すごい箔力です。
紙もその圧力に耐えられる伸縮のある紙だそうです。
(普通の紙では割れて無理でしょうね)

いや〜、久しぶりにZOKUZOKU致しました。
御覧になられたい方、当社2Fのミィーティングルームまでお越し
下さい。

新台入荷!

image/hakuoshiya-2012-04-11T18:41:18-1.data

かなり久しぶりの更新です。
ネタがなかった訳ではありません、これからぼちぼち
頑張って更新致します。

さて、弊社に新たに箔押機が2台追加されました。
これで全部で18台になり、さらに機動力がUP!!

弊社では大きな機械から小さい機械まで取り揃えており、
常にその商品にBESTな機械で対応致します。

これからも宜しく御願い致します。

焼印用の凸版です。

焼印に使用した凸版の写真です。
高温に耐える銅版、桐板・桐箱に使用することを考えての深彫りになっています。

yakiin2-2.jpg大する

開いているふたつの穴は、箔押機の熱板に取り付けるためのビス穴です。
(通常使用している接着剤では高温に耐えられないため。)

yakiin1-3.jpg拡大する

キラっと光って美しい凸版ですね。

焼印工房

image/hakuoshiya-2011-05-10T15:32:13-1.data


弊社では桐の板や桐箱などに焼印加工をおこなっています。
300〜400度の高温でプレスすることにより焼き色をつけます。
木の厚みや種類、プレスの強さにより焼き色が変わったりしまが
これもまたアジではないでしょうか。
焼印は箔押では出ない味わい深い仕上りになります。

凸版も特殊な版を使いますので御興味のあるかたは御気軽に御相談
下さい。

SISTEREさんの封筒

image/hakuoshiya-2011-04-23T12:16:27-1.dataimage/hakuoshiya-2011-04-23T12:16:27-2.data



先日、お仕事でSISTEREさんの封筒を作成させて頂きました。

ヴィベールPという紙というかスポンジというかフワフワした
生地に白の箔押、それをトムソンで型抜きにて手貼りで封筒に
仕上げるというお仕事です。

心配していた白の箔押も以外に細かいところまで抜けて綺麗に
仕上りました。
この生地、熱をかけるとけて生地と箔押部分に凹凸感がでます。
それが独特な雰囲気になりいい感じになります。

とても手触りのいいカワイイ封筒になりました。

SISTEREさん、いつも斬新なアイデア有難うございます。
勉強になります。

活版印刷、初体験!

imagehakuoshiya-2011-03-01-1.jpg
先日の日曜日に大阪、梅田で行われている活版エキスポに
行ってきました。
最近、俄然注目を集めている活版印刷、大勢の人が来られて
ました。特に若い方が多かったのは驚きました。
そこでは活版印刷の体験も出来てなかなかいい経験になりました。
 
imagehakuoshiya-2011-03-01-4.jpg
まず、活字を選びます。
慣れてないと、以外に大変です。
 
imagehakuoshiya-2011-03-01-2.jpg
活字を組みます。
文字間違いがないか確認!
 
imagehakuoshiya-2011-03-01-3.jpg
それから紙をセットして印刷、今では使われてない古い機械
でしたが、なんとも味のある、アナログ感たっぷりの仕上り
になりました。
圧の掛け方がビミョウにむずかしい・・・。
箔押と似ている様でまた、一味違う雰囲気になります。

箔押印刷と活版印刷のコラボも面白いかも。

いや〜、楽しかったです。

IREMONYAさんのショップカード

今回はIREMONYAさんのショップカード(こちらはメッセージカードとして使用されるようです。)の箔押しを紹介します。
IREMONYAさんについてはこちらから。お店は高倉二条にあります。

名刺サイズのカードの表と裏にメタリック・シルバーで箔押しさせていただきました。
表面にはIREMONYAさんのかわいいマークとお店紹介の小さな文字。
iremonya04.jpg
銀色がキラリ光っております。
 
裏面にはワンポイント、小さなマークを押しています。
iremonya03.jpg

iremonya05.jpg
ニコッ。

マーク、文字部分ともに細かな表現があり、注意深く仕上げました。

箔押しによるショップカードなど、お問い合わせはお気軽にどうぞ。
TEL : 075-351-4072   FAX : 075-351-6743
E-mail: hakuoshiya@eos.ocn.ne.jp

グラン・ヴァニーユさん


110220-2.jpg

今月2月6日にオープンされましたスイーツのお店グラン・ヴァニーユさんの
ショップカードに箔押しさせていただきました。グリーン地に焦げ茶色の箔が
きれいです(写真では黒っぽくなってしまいましたが…)。
110220-6.jpg拡大する
少し厚手の紙ですので文字部分の凹んだ感じもありながら、
細かな部分までシャープに箔押しされています。
裏面には地図と住所が箔押しされています。
他にも吊り下げ用のタグやオープン案内のハガキにも箔押しさせていただきました。110220-8.jpg

お菓子は、もちろん、とっても美味しかったです!
110220-3.jpg
お店へのアクセスはこちらから。

活版印刷風

image/hakuoshiya-2011-02-16T18:53:46-1.dataimage/hakuoshiya-2011-02-16T18:53:46-2.data



今、注目を集めているのが活版印刷。
デザインのひきだし10でも特集していますが、
弊社にこられる御客様でもよく活版印刷みたいにして欲しい、
もっと凸凹感が欲しいなどと言われる方が増えています。
もともと、箔押印刷と活版印刷とは似たところもあり、満足
して頂いております。
箔押はキラキラしたメタリック感がイメージ的に強い様ですが
光らない顔料箔を御注文される御客様も多いです。
紙も素朴な素材を生かしたチップボールやファーストヴィンテージ
などを使うとよりいい味になります。
文字のつぶれ感やかすれ感なども独特な雰囲気ではないでしょうか。
視覚+感触で味わい深い仕上りになっています。
弊社では顔料箔の色の種類も多数、御用意しておりますので御相談、
御注文、御待ちしております。

2011年の年賀状。

nenga1104.jpg 
年が明けたと思っておりましたら早くも1月半ばとなり少々古い話題になりかけておりますが、今年の年賀状について解説(?)させていただきたいと思います。
さて、弊社では上のようなオリジナル年賀状を作成し、昨年末、各お得意様へ発送させていただきました。
用紙には自然な白さのNTラシャを使用。富士の山肌にはパールブルー、太陽の光の部分にはパール銀とそれぞれ透明に近いようで独特の色味と光沢を持つ箔を押しています。
下部のhakuoshiya.jpの部分はつや消金(No.108)を使用しています。さらに箔部分を押したことで出来る浮き出しの効果と紙の地の白さによって山頂の雪の部分を表現しています。
そして新年のごあいさつとともにhotstamping×embossing horiuchiの文字を力強く浮き出しています。
nenga1101.jpg 
強い色によらない、箔の光沢と紙のマットな質感、表面の凸と凹といった対比で魅せるなかなかの年賀状になったのでは、と最後は文字通り自画自賛になりましたが、いかがでしょうか?
それでは、本年も堀内箔押印刷を宜しくお願い致します。
2011.1.16

こんな素材にも箔押しています その2

100727-1.jpg 
二つ折のカードです。台紙の表面には少し粗めの麻生地が貼り付けてあります。  
100727-2.jpg  
300枚を積み上げるとこんな感じです。 
今回は顔料箔の赤、みどり、こげ茶、エンジの4色を押しました。
100727-5.jpg 
粗めの生地の風合いを生かした箔押しに仕上がっています。
 

こんな素材にも箔押しています その1

100707-3.jpg 
  • ビニール製の(カードや小物を入れる)メッシュケースです。一番下の部分に金箔押しで名入れをしました。
  • 素材を縫い合わせた部分の重なりの位置が個々に違うなど気を使う部分も多く一枚一枚の丁寧な作業が要求されました。
  • ビニールへの箔押はビニール専用の箔があり、色も金、銀以外にも選ぶことが出来ます。(下の写真は一部ぼかしてあります)
100727-4.jpg

デザインのひきだし

image/hakuoshiya-2010-03-04T18:08:32-1.jpg

先日、本屋さんへ行ってみると、出てました!
「デザインのひきだし 9」
以前、御得意様のデザイナーさんから教えて頂き
それ以来、読んでいます。
箔押についてもかなり、詳しく説明されており、
いつも刺激をもらっています。
特に、5号、6号は必見です。
弊社の御客様でもこの本を読んでいられる方が
結構、多い様です。
私も毎回、楽しみにしている一冊です。
まだまだ、今後、箔押の世界は広がる気がする本です。
まだ、読まれてない方、ぜひ、買って読んで下さいね。

クリアファイルにもHOT STAMPING

image/hakuoshiya-2010-02-16T18:29:13-1.jpg
 

さてさて近年よくある仕事にクリアファイルに箔押する仕事がよくあります。
いろんな色のクリアファイルにいろんな色の箔で企業名やタイトルなどを押します。
A4サイズのものが多く箔押面積も小さいものから全面に近いものまで
箔押サイズもさまざまです。
企業の宣伝や販促グッズによく使われています。
小ロットからもOKですのでクリアファイルへの箔押の御見積りな ども
御気軽に御問い合わせ下さい。

明日はバレンタインデ―です

image/hakuoshiya-2010-02-13T12:55:57-1.jpg

明日はバレンタインデ―です。昨日、〇〇百貨店にチョコレートを買いに行ってきました。
弊社で箔押したパッケージも数点ありました。
やっぱりこの季節、バレンタインデ―売り場は大変、箔押の勉強になります。
いや〜ホント、箔押はいいモンですねぇ。
で、いつもの京都錦のケーキ屋さんの抹茶チョコレートを買いました。
ここの抹茶チョコレートは最高です!
今年のバレンタインデ―は日曜日ですが売上が気になります…。
皆さん、バレンタインデ―にはチョコレートを買いましょう!

メンテナンスの日

image/hakuoshiya-2010-02-12T19:06:01-1.jpg                   
 

昨日は建国記念日で世間では 休日でしたが
弊社は機械のメンテナンスの為、
担当オペレーターは出勤でした。
なかなか平日で は落ち着いて出来ない為、どうしても、
修理やメンテナ ンスは休日になります。
いつも過酷な仕事をこなして いる機械だけに
しっかり、整備をしてまた頑張ってもらいます。

桐箱にHOT STAMPING

image/hakuoshiya-2010-02-10T11:33:00-1.jpg

弊社の得意技に桐箱に箔押をする仕事がよくあります。
これにも商品名やブランドのロゴ、記念品の名入れなど、
箔押や焼印を入れる仕事です。
本日も桐箱に囲まれながら頑張っております。
箔押と違って焼印もまた、渋くいいもんです。
焼印に関してはまた後日、説明させて頂きます。

京扇子にHOT STAMPING

image/hakuoshiya-2010-02-09T18:45:52-1.jpg
 

まだまだ、寒い日が続きますが弊社ではいよいよ今頃から夏扇子の
親骨にブランド名や企業名などを箔押印刷する仕事が始まります。
扇子の親骨は細く、大変神経を使う仕事ですが一本一本検品し、
御客様に喜ばれる様、日々、努力しております。
扇子のネーム入れに関するお問い合わせや御見積りなど御気軽に
御相談下さい。