焼印工房

image/hakuoshiya-2011-05-10T15:32:13-1.data


弊社では桐の板や桐箱などに焼印加工をおこなっています。
300〜400度の高温でプレスすることにより焼き色をつけます。
木の厚みや種類、プレスの強さにより焼き色が変わったりしまが
これもまたアジではないでしょうか。
焼印は箔押では出ない味わい深い仕上りになります。

凸版も特殊な版を使いますので御興味のあるかたは御気軽に御相談
下さい。